医者

違いは医師への相談が必須

レディ

生産国によって違う薬品

作成方法が確立されて初めて作られる薬品と、研究後数年経過してから開発される薬品が存在し、各々特徴がある点を理解しなければなりません。ボトックス効果を期待できる製剤は、世界40か国近くで改良型が開発されており、患者の状態に合わせて使用用途が異なります。アメリカで開発されているボトックス効果のある製剤は、国際商標権を持つ医薬品で各医療機関からも信頼の厚い医薬品として知られています。同時に日本国内でもこのタイプのボトックスは厚生労働省から承認を受けているため、施術希望者からの人気度も高いタイプとして知られています。薬品としての純度も非常に高く、シワを含めたアンチエイジングに適していますが、効果範囲が広いため大幅なフェイスラインの改善時に使うべきです。その上安全性と信頼度もボトックスの費用に含まれているので、予算の少ない方は韓国産のボトックスの使用をお勧めします。韓国産のボトックスはアメリカ産の物と原料となる製剤が同じで、韓国のKFDAの認可を受けているため、一定水準の安全性が保たれています。臨床試験を行っているので安全性については問題ありませんが、局所的なボトックス効果を発現する特徴があるので、小規模の美容整形への使用がお勧めです。そしてこれらの薬品に負けず劣らずの効果を発揮するのが、後発医薬品として知られているジェネリックです。ジェネリックは先に発売された薬品を元に開発が行われているため、安全性が極めて高くなりボトックス効果も的確な発現が見られる特徴があります。よって参考薬品が臨床試験を行っているならば、あえてジェネリックで臨床試験を行わないで開発を行う事もあります。そのためボトックス効果の安定した発現を求めている方は、先に発売されたボトックスを施術に使う医療機関で受診しましょう。しかしジェネリックは安価に利用できるため、脇汗や臭いを解決するような目立たない場所への使用事例が多い特徴があります。特に体内のアセチルコリンはボトックスが天敵と呼べる程に絶大な抑制効果があるので、ジェネリックも使い方次第で使用検討の候補に挙がります。とはいえ先に発売された薬品のボトックス効果の高さも、使い方次第で毛穴を引き締めたり皮膚のたるみを治したりする効果を期待できる点も無視できません。特にデザイン性の高い整形を望む方は、注入量を増減させてボトックス効果の発現範囲をコントロールできる利便性があります。同時に筋肉が発達しきったエラを治す効果も期待できるので、医師にどのタイプのボトックスが良いのかを相談するようにしてください。